ようこそゲスト様

会員の方はこちらからログイン

パスワードをお忘れの方はこちら

ブランド別

アイテム別

2017年 11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日

2017年 12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       



Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク

 

【スペシャルレポート】JHMAA主催 プロヘアメイクアーティスト向けセミナー

2012秋冬トレンドメイク

先日、JHMAA主催でプロヘアメイクアーティスト向けにメイクセミナーを開催しました。

理事長の嶋田ちあき自らが指導にあたる本セミナー、今回のテーマは「2012秋冬トレンドメイク」

旬のアイテムを使用し最新のメイクをお伝えしました。皆さんも日々のメイクの参考にしてくださいね!

レッスンレポート

嶋田ちあきの感じる2012秋冬トレンドメイクとは?

「エレガントがまた来ている。80年代エレガントに、

今っぽい軽やかさ(肌質など)をプラスすることでトレンド感が演出できる。』とのこと。

では、たっぷりとセミナーを振り返ってみましょう!

1. ベース

全体に薄づきに。目周りは、コンシーラーを少なく済むようにカバーをしっかりと。

2. ファンデーション

クラシックに少し明るめ。ハーフマットしたいので、最後にスポンジで油分をとる。

3. コンシーラー

目周りは、リキットコンシラー02番でカバー。明るめの01番をTゾーン、ほうれい線、顎先に。

4. フェイスパウダー

素肌っぽいハーフマットな肌へ。薄づきにするため、パフに揉みこみ、軽くはたいていく。

アイシャドウがのるようにまぶたには再度のせる。

5. 眉

眉山1cm手前までは真っ直ぐでそこからアーチ。エレガントなので、カジュアルよりは大きく。

6. アイメイク

ヌメッとしたツヤ感がほしい。

シャネルのフェイスパウダーで、やわらかな赤味のあるベージュを。

7. アイシャドウ

外側やや太め。つり目にせず楕円の目尻で横幅をだす。しっかり入れクラシックに。

アイホール2/3までに消えるように。

8. アイメイク

シャネルのサーモンピンク色を使用。はれぼったくならないように中心に高さをだすとよい。目に勢いがでる。

9. アイライン・マスカラ

ラインは、堅くなるのでなくてもいい。

マスカラは、ヘレナを使用。何度か重ねると長さが出る。

10. チーク

チークにポイントをおかない方が今っぽい。顔色よくみせる程度に軽く。量は1/4程度。色はピンク。

11. ハイライト

目の下に入れる。光り物は使わない。

12. リップ

今回はマックのダークな赤。上唇はややインカーブに。濃い色は、輪郭を作ったらブラシを上手く使ってムラなく塗る。

13. 完成!!


セミナーで使用した厳選コスメ

セミナーでは、シーズン毎に発表される膨大なアイテムの中から、嶋田ちあきが厳選したコスメを使用。

インタビュー

■ 安井さん(メイクサロン経営)

「最新のメイクを勉強できたので、さっそくサロンの業務に活かしていきたい!」

■ 小笠原さん(ブライダルヘアメイクアーティスト)

「グレー系やモーブ系の色やエレガントな要素を現場にとりいれていきたい。」

■ 大山さん(ヘアメイクアーティスト)

「色々なトレンド情報があるが、セミナーに参加しトレンドをシンプルに考えることができる。

毎回かわるトレンドのテクニックが勉強になる」

■ 坂本さん(メイクサロン経営)

「久しぶりにエレガントが戻ってきた。トレンドをサロンに活かしていきたい。」

ショッピング

今回、嶋田ちあきが使用したコスメはこちらからご購入いただけます。

▽ ベースメイク・ブラシ

▽ アイブロウ

▽ パフ・スポンジ